HOME>イチオシ情報>マンツーマンレッスンを利用する場合のポイントと注意点

料金と予約のとり易さを確認しよう

授業

横浜で英会話を習う場合、マンツーマン形式を利用することが可能です。英会話学校で習うことはもちろん、個人で英会話を教えている講師にプライベートレッスンをお願いすることも出来ます。横浜には、多くの英会話学校があり、講師の数も多めです。生徒にとっては、選択肢が多く用意されている形になるので、嬉しいところではないでしょうか。ただし、料金面では、少人数制やクラス形式の場合よりも高めになります。長期で学ぶ場合は、しっかりと予算を考え、講師を選ぶことが欠かせません。また、人気の講師にマンツーマンのレッスンを依頼する場合、予約がとりにくいといった場合もあります。レッスンの曜日や時間帯が固定されるのか、早いもの順で予約を入れていくのかで、利用のし易さは大きく変わります。しっかり確認した上で利用することが大切になります。

相性を重視しよう

授業

マンツーマン形式で英会話を習う際、大切になってくるのが講師との相性です。マンツーマンの場合、レッスン中は講師と生徒の二人きりしかいません。講師との相性が悪いと、レッスン自体が苦痛になってしまうので注意が必要と言えます。相性が良くないと思った場合には、講師を変更することも考えましょう。たとえ教え方が良いと評判の講師を選んだとしても、実際の相性はレッスンを受けるまで分かりません。他人の意見に振り回されず、講師との相性を見極めることが大切になります。また、横浜は講師も多いので、体験レッスンなどを通し講師を比較することも有効です。習い始めてから変更するより講師選びの段階で検討する方がずっと簡単です。

自発的な姿勢が心掛けよう

先生と生徒

クラス形式とは違い、マンツーマンでは生徒は一人です。必然的に発言する機会が多くなるのは言うまでもありませんが、中には、恥ずかしさや間違いを恐れ、発言を躊躇してしまう人も少なくありません。けれど、英会話では話すこと、そして聞くことが基本であり、実践の機会が多く与えられるのがマンツーマンならではのメリットと言えます。待っているだけという姿勢ではマンツーマンの良さを活かすことは出来ないので注意が必要です。横浜では英会話を希望する生徒が多いため、講師も経験を積んでいる人が多くなります。優秀な講師ほど、生徒一人一人に合わせた対応をしてくれますが、任せきりにするのではなく、自発的に動くことが欠かせません。

広告募集中